TOP
43.40score

rabbit07

スポンサー健康ネット

美肌も健康も!プラセンタってすごかった!

アラサーになり、お肌の調子が下降気味に。シミも目立ってきたし、ハリもなくなってきたような…。そんな経緯から、インターネットで美容サプリやドリンクについて見ていた時のことです。美容ドリンクの成分欄に、コラーゲン、ヒアルロン酸など、よく耳にする美容成分が並ぶなか、私の目が吸い寄せられたのは「プラセンタ(豚)」という表記。「プラセンタって豚に含まれているの?」と気になりだしたので、プラセンタについて詳しく調べてみました。

■そもそもプラセンタってなに?
英語で「placenta」。日本語に訳すと「胎盤」という意味です。胎盤は、妊娠すると作られる母体の臨時の臓器で、小さな受精卵を人間に育てあげるという驚くべき働きを持っています。必要な酸素や栄養を母体から受け取り胎児に与えるだけでなく、胎児の未発達な器官を補うため、肺や腎臓、肝臓などの役割も果たします。

■なぜプラセンタが美容にいいの?
たいへん重要な働きをするプラセンタ、栄養もたくさん含まれています。3大栄養素である糖質、タンパク質、脂質に加え、ビタミンやミネラル、酵素など、多様な栄養素を豊富に蓄えているのです。
具体的には、美白効果や保湿作用、新陳代謝の促進などが、美容面での効果です。ほかにも、自律神経やホルモンの調整、自己免疫力の向上、造血作用や血流を良くする作用などがあり、肝臓や婦人科、アトピーなどの疾患にも効果があります。

■プラセンタの種類
サプリや化粧品に使われているプラセンタは、主に豚か馬由来のもの。豚プラセンタは価格が安く最もポピュラーな素材です。
馬プラセンタはアミノ酸含有量が豚の300倍。また馬は病気にかかりにくいことから、その安全性でも注目されるようになりました。ただし、豚に比べると数が少ないうえに、馬は出産したあと胎盤を食べる習慣があり、馬プラセンタは希少なものとなっていて価格が高くなっています。
植物由来のものもあります。植物に胎盤はありませんが、植物の胚に含まれる成分が動物性プラセンタと似ているため、植物性プラセンタと呼ばれています。細胞を修復するようなアンチエイジング効果はありませんが、アミノ酸やビタミンによる美肌効果があるので、主に化粧品で使用されています。
最後にヒト由来のプラセンタについて。化粧品やサプリに使用することは禁止されていますが、医療機関で治療のための内服薬として処方されるほか、点滴や注射として打ってもらうことが可能です。美容目的で注射をする場合は、その後献血ができなくなるなどのデメリットもあるため、慎重に検討しましょう。

栄養がとても豊富で、美容だけでなく健康の向上にも役立つと知り、使ってみたくなりました。自分に合うプラセンタをじっくり選んでみます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-07-10 15:56

コメント (0)